採用

入試広報先輩社員のインタビュー

日本語教師 阿保京子

ISIは「教育」を通してグローバル社会に貢献することを真剣に考えている会社です。ひとりでも多くの学生にISIを通して成長して欲しい。

北京語言大学東京校 入試広報

遠藤 寛子Hiroko Endo

あなたが現在担当している仕事内容についてお教えください。

育児休暇復帰後の現在は、時短勤務をしています。
以前は学生さんと直接お会いして留学カウンセリングしていましたが、出張や残業等が難しくなったため、学生募集をサポートする広報企画の担当をしています。
例えば、印刷物やホームページの制作を広報部のスタッフと協力しながら進めたり、SNSや動画コンテンツ等の制作・配信をしています。

ISIに入社しようと思ったきっかけは?

前職は英会話講師をしていました。
そこで教えていた生徒さんが留学をして語学力が格段に向上し、また精神的にも成長した姿を真の当たりにしました。
自分自身の留学経験も踏まえ、やはり留学は人を成長させる大きなターニングポイントになると思い、国内の若者に海外留学を勧める留学会社への転職を決意し、ISIに入社しました。
英語圏留学だけでなく、中国留学にも力をいれているISIの留学プログラムは、今後のグローバル社会を担う人材を育成するのに、とても素晴らしいと思い、会社の将来性を感じ、ISIへの入社を希望しました。

どういうときに仕事の厳しさを感じますか?

留学生活になじめず途中で大学を断念してしまったり、初心を忘れてしまいドロップアウトしてしまう方もいます。辞めてしまう前に何かサポートできなかっただろうかと悩むこともありますが、長い人生の中でそういった経験も糧としてもらえるよう、前向きに声掛けをします。

ISIでしか経験できない、と思うことは?

とても風通しの良い職場なので、自分発信の企画を実現させたり、自分の意見や考えを業務に反映させることが可能だと思います。
入社後さまざまな企画をゼロから立ち上げ、やりがいと共に仕事の面白さを感じることができました。

ISIに入社して成長したと感じるところは何ですか?

もともと前職ではPCをあまり使わなかったため、パワーポイントの使用経験もありませんでした。
現在は、プレゼンテーション用のスライドや動画・ホームページ等PCスキルが向上しました。今後さらに学んでいきたいと思っています。

あなたの部門に求められる人材とは?

学生さんと接することが多いので、将来こんな大人になりたいと思ってもらえるような、何事にも前向きで、コミュニケーション力の高い方が向いていると思います。
また実務としては、語学力やPCスキル以上に、戦略的な考え方ができるか、責任感があるかが大切だと思います。

休日の過ごし方をお教えください。

2歳の息子がいるので、週末は朝から近所の公園や土手に行って遊びます。また、平日のために作り置きの料理をたくさん作ります。むしろ休日の方が家事に育児に忙しく、月曜日出社するとほっとしますね。笑

ISIへの入社を検討中の皆様に一言

ISIは教育ビジネスを行っているため、スタッフが学生さんに対する教育・グローバル社会への還元を真剣に考えている熱い会社だと思います。フレンドリーで風通しの良い職場なので、ご自身のやりたいことを実現させる土壌があります。国際教育に関心があり、一人でも多くの学生さんにISIを通して成長してほしいという気持ちがある方は、ぜひ一緒に働きましょう。