採用

海外営業先輩社員のインタビュー

日本語教師 阿保京子

日本の魅力を世界へ発信する仕事。
職員1人1人が外交官のような存在。

入学相談センター 海外営業

池田 裕一Hirokazu Ikeda

あなたが現在担当している仕事内容についてお教えください。

海外営業です。海外からの学生募集が主な業務内容です。入学希望者からの問い合わせ対応はもちろん、学校や学生寮のご案内や、入学手続きのご案内、学生ビザ申請書類の作成など、業務は多岐に渡ります。
また、海外出張では、日本語学校や留学エージェントを訪問して学校説明会を行ったり、国によっては入学希望者の書類審査やインタビュー試験なども行います。

ISIに入社しようと思ったきっかけは?

自分を成長させてくれる環境がISIにはあると感じたからです。
私は大学院で日本語教育の学位を取得した後、日本語教師として海外の教育機関で教鞭を取ってきました。海外では、日本人日本語教師の存在はとても貴重で、授業の他、イベントの企画や運営、学術提携交渉などの業務を任されることが多くありました。その経験から、教室という枠を飛び出して、世界に向けて日本や日本語を積極的に発信していきたいと感じるようになりました。

仕事にやりがいを感じるのはどのようなときですか?

自分がご案内した方が、ISIへの入学を決めてくださった時、学生さんが日本語の試験に合格したと連絡をくれた時など、やりがいを感じる瞬間は数多くあります。そんな中でも、一番やりがいが感じられるのは、学生さんが自分の夢を叶えるために日本で奮闘し、成長する姿を目にした時です。日本語能力試験のために勉強に励む姿、大学入学のために頑張る姿、就職のために奮闘する姿を見ると、ISIにご案内して良かったと心から感じます。

どういうときに仕事の厳しさを感じますか?

一番気を遣うのが、学生ビザの申請作業です。入学希望者から必要書類を集め、書類の内容をチェックをした上で、入国管理局に提出します。書類に不備があると、学生ビザが不交付となり、その結果日本留学がキャンセルとなってしまうことも…。
入国管理局からビザの不交付連絡を受けた時や、結果を入学希望者に伝える時が本当に残念でなりません。ビザ申請は学生の将来を左右するものなので、気を引き締めて業務に臨む必要があります。

ISIでしか経験できない、と思うことは?

ISIで仕事をしていると、まるで自分が外交官になったかのように感じることがあります。私の部署では、営業毎に担当地域が割り当てられています。そのため、各営業は担当国の学生募集状況や入学者の様子などを把握しておく必要があります。学生に何か問題が生じた場合、ISIの日本語学校と、現地のエージェントとの橋渡し役を務め、問題解決に導くことも大切な仕事です。

ISIに入社して成長したと感じるところは何ですか?

チームワークの大切さを改めて実感しました。
前職は「学校でただ一人の日本語教師」として持ち上げられていたため、全ての問題を1人で抱え込み、解決しようとする傾向がありました。ISIに入ってからもしばらくはその悪い癖が抜けませんでしたが、ようやく周りの人たちを頼ることができるようになりました。同僚と意見交換を行うことで、お互い良い刺激になりますし、信頼関係も深まります。そうした和やかな職場環境もISIの魅力だと感じています。

あなたの部門に求められる人材とは?

営業というと個人戦のようなイメージがあるかもしれませんが、チームワークが求められることも多いです。ISIでは、別の営業担当が出張でオフィスを不在にすることがあります。その際は、チームで協力してその営業担当の業務を請け負います。「忙しい時はお互い様」の精神で、日々助け合っています。個人としてはもちろん、チームとしても貢献できる人材こそ、私たちISIグループが求める人材であると考えます。

休日の過ごし方をお教えください。

仕事中はデスクワークが多いので、休日はなるべく身体を動かすようにしています。1人の時はジョギングや水泳などをすることが多いですが、友人と過ごす時は町をぶらつくことが多いです。ミュージカルも大好きで、毎月ホールへ足を運び、役者さんからエネルギーをもらっています。

ISIへの入社を検討中の皆様に一言

仕事中はデスクワークが多いので、休日はなるべく身体を動かすようにしています。1人の時はジョギングや水泳などをすることが多いですが、友人と過ごす時は町をぶらつくことが多いです。ミュージカルも大好きで、毎月ホールへ足を運び、役者さんからエネルギーをもらっています。

ISIへの入社を検討中の皆様に一言

ISIでは、新人であっても即戦力としての活躍が期待されます。初めは戸惑うこともあるかと思いますが、周りの手厚いサポートを受けながら成長していくことができる環境が整っています。私たちとともに日本の魅力を世界の人々に伝えていきませんか?チャレンジ精神に溢れた方のご応募をお待ちしています!

標準的な1日のスケジュール

■09:00 : 出社後は、メールチェックからはじまり入学希望者からのメールを確認・対応してから1日がスタート。
■10:00 : 朝会は入学相談センター全員で行います。1日の仕事の予定を立て、部署内で共有してから仕事に臨みます。
■11:00 : 学生や代理店からのお問い合わせに対応します。対応学校や学生寮のご案内を通して、ISIでの生活のイメージを膨らませてもらいます。
■12:00 : お昼休みは同僚とランチへ出てリフレッシュ!
■13:00 : 入学希望者のビザの申請書類のチェックをします。ミスは許されないので集中力が必要です。
■15:00 : 営業会議:毎月1回、入学者数を増やす戦略などを話し合います。
■16:00 : 出張前は海外での学校説明会の開催や入学者選抜の実施に向け、準備を進めます。
■18:00 : 帰宅